稽古三日目

稽古場日誌三人目の担当、川井です。
「お顔」の稽古・公演期間中、努めさせていただきますので、よろしくお願いします~

さて、本日の稽古はキャスティングが主な作業の予定でしたが・・・・お休みが多い・・・・
いやん!
これでは決められませんよねえ。
前回の稽古時にはたもとさんの役が決定しました。今日は紀伊川さんの役が9割決定。つづきは次回の稽古へ。

むふ~

鼻息荒くしていたら、今日のお顔を撮るのを忘れてました。
写真はS-paceの前、帰る間際に撮った、青白く顔を光らせ笑う紀伊川さんと橋本くんです。
後ろで光っているのは京阪電車。
梅雨も近い匂いのする夜でした。
Image005 (3)






スポンサーサイト

この稽古場日誌、もしかしたら

森本です。

これから、よろしくお願いいたします。

稽古場日誌、今日の、『お顔』じゃね。

稽古の2日目は、
出来たての佃さんの台本をもろうての、初読み合わせ。

台本を渡されるのは、うれしいです。
みんなで囲んで。
これから稽古が始まる、って感じです。

話変わって、
この稽古場日誌、もしかしたら、写真の撮り忘れの場合、自分のお顔を載せ続けんといけんのかのお…


今日のお顔。
すみません、また森本のです。
20080530143704


森本洋史

稽古初日。顔合わせ、皆の「お顔」

皆さん、お待たせしました!!

稽古場日誌、いよいよ再開でございます。
今回の日誌は、私、寺本多得子と、川井直美、森本洋史でお送り致します!!


本日は、桃園会第35回公演『お顔』の顔合わせの日。

1時間程ミーティングを行い、その後、今回公演の客演さんである、魚灯の武田暁さんを迎えての顔合わせとなりました。

軽く自己紹介を済ませた後は、参加できるメンバーで居酒屋へGO!!
久しぶりに見る劇団員や、武田さんの笑顔が素敵でした。


途中、

「稽古場日誌のタイトルどうする??決めなきゃねぇ。」

という話になり、各自考えてはみるものの、なかなか決まらずに苦悩すること数十分。

結局、森川さんの提案した「今日の『お顔』」に決定となったわけですが・・・。



森本 「今日の『お顔』の『お顔』の前に、点が欲しいですね。」

皆 「今日の、『お顔』かぁ。いいねぇ、文芸部。」

森本 「『お顔』の後に、マルも欲しいですよね。」

皆 「ふむふむ。」

深津 「でも、『』だったら、マルは要らないんじゃないか?」

森本 「あ・・・。(沈黙)」

森川 「今や!!この顔を撮るんやっっ!!」

・・・結局、その顔は撮れませんでした。残念。

そして、普通顔の森本洋史くん。

僕は森本洋史


次は、良い表情を撮れるといいなぁ。頑張りまーす。
も、勿論、稽古も頑張りますよ。皆様、宜しくお願い致します!!


寺本多得子
プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる