3月31日、スズナリ、胸を打つ、千秋楽

千秋楽。「よぶには、とおい」
弟を残して行きたくなくて、去りたくなくて、シーツの向こう側にたどりついたら涙があふれそうになりました。
楽屋に入るのを、ほんの少しだけ遅らせました。
愛しい弟よ。
抱きしめられなくてごめんね。
さすってやれなくてごめんね。
かけがえのない家族。
愛する人たち。
素晴らしい舞台に立たせてもらえて本当に誇りに思います。
深津さんの戯曲はわたしの底にずっとあります。
深津さんからの言葉はずっとわたしの根っこです。
「受け取ることを忘れない。何かに刺さったりしながら、受けてこたえる」
去年のblue filmの時に台本に書き留めた言葉。
わたしの宝物。
ずっと胸に。
ずっと、そばに。
ご来場いただいたみなさま、スタッフのみなさま、全ての人に感謝いたします。
ありがとうございました。


生きていることの証明に
わたしの涙を瓶につめ
宇宙のどこかに置きましょう
結んでほどくメッセージ
わたしはきっと悲しみの
真ん中あたりで泣いている
わたしはきっと喜びの
まっただ中で笑うんだ
スポンサーサイト
プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる