スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんこ

かつらは必要でした。三人そろいの服にもしてもらいました。納得ね、してもらえませんよね、そりゃそうですよ、お金もかかりますし、長い髪もお持ちですし、でもなんでかは言わないでおきました。僕が長い髪を持ってないからじゃないですよ。どうしても必要だったんです。今回はそんなことがいっぱいありました。そんな中で、なんとか上演出来るものにと、言葉をつくし、態度をつくしてくれたお二人に頭があがりません。ありがとうございました。

場当たり、ゲネプロ、初日、とみんなの演技が変わっていくのがうれしくて、楽しくて、森本くんの雪の量も増していくのも楽しくて。

今回、劇団員の森本くんが、袖中で正座して雪を降らせてくれています。雪を降らす打ち合わせを二人でしたんですが、今、思えばよくあれで汲み取ってやってくれたなと思います。ここは、シャンで、ここはシャンシャン、チラチラ、シンシン、ここは優しく、ここは冷たく、ちょっと抽象的すぎて…と困った顔をしながらも、楽しそうに雪の話をしてくれる彼はやっぱり演出家さんなんやなと思いました。ありがとう。やさしく時には激しい雪の中で演じさせてもらいました。

橋本健司

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。