FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11回目 稽古の進め方って?

はたもとです。

稽古の進め方って、みんなどうしているんでしょうね。

わたしたちはなが~く深津篤史の演出方法でやってきていたので
今すごく困ってます。
困っているっていうか、模索しています。

深津演出の時は
本と美術プランがあがったら、同線を指定されて立ち稽古。
言われたシーンをやる→修正、の繰り返し。
解釈について、この話はどうこう、とか、この役はどうこう、なんて
演出はほとんど言わないし、役者も聞かない。
たんたんと言われたシーンをやる→修正、の繰り返し。
深津への絶対的な信頼があるから、みんな黙々とついていくイメージ。

でもでも、今はそれでは進まない。
だから、今は模索中なのです。
演出のやりたいことを一緒に考えて引き出していく感じ。
前回の「ふっと溶暗」の時も、たくさん話しました。
こんなにセリフ以外の言葉を稽古で話すなんて
今までなかったよというくらい。
でもこういうやり方もいいと思います。
今回も、たくさんたくさん話して、みんなで良いものを作りたいです。

乞うご期待!なのであります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。