スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/25 月灯の瞬き

歯車。今、テレビを見ていたら、角野卓三さんが、役者は歯車のひとつだと言っていた。そうだなと思った。加納さんも同じことを教えてくれた。紀伊川さんがチャレンジしてる。川井さんの台本には線がいっぱい引いてある。歯車がひとつでも止まっていたら、歯車はまわらない。深津さんがいっぱい油をさす。まわるぞー、まわるぞー。月灯の瞬きは、馬車かな。その馬車はちょっとぼろくて、でも荷台にはいろんなものがいっぱい詰まっていて、でもちょっとぼろいもんだから、荷台からいろんなものがこぼれ落ちていく。でもぱっかぱっかと進む。どこへ向かってるのかな。月の出てる方へかな。
今日はウイングフィールドで稽古。
場所が変われば気持ちも変わり、顔も変わる?みんなの顔が違って見えた。
用意したものは当然のようにうまくいかず、いつもと違う何かから、不安という悪魔がやってきて、気を失う。これは僕。みんなはどうだったんだろう。深津さんからは、芝居が小さくなっていたということ。そしてだめだし。さあ年内の稽古もあと1回。みとけよー、お月さん。こんなにもおもしろいんだぜー。台本よもーっと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。