スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/17 通し稽古(月灯目線)

今日は全体通し稽古でした。
月灯チーム、橋本です。
通しを始める前にまず衣装合わせ。
少し遅れて稽古場に着くと、ユニクロのコマーシャルみたいな状態。
そして、ハイテンションな、森川さん。江口さん。
月灯チームは各々静かに淡々と。
で、衣装合わせ。着たいと思って持っていった服は、あっさり却下。
そして、まさかなぁ~と思っていたものに。買っていったのになぁ。
これ何年か前、一馬が着てたな~、ダンさんも着てたかも~、とか思いつつ。でも、はたもとさんが言うんだから間違いはない。そして、はたもとさんからジーパンを頂く。幸せ。
だめだ、自分のことしか覚えていない。
紀伊川さんはもうちょっとオシャレにとか、加納さんは紫じゃないとか、
だめだ、覚えていないので、シーンは飛びまして、小道具チェックへ。
月灯の確定していなかったもの達が、決まっていく。
ウイスキーの瓶もその一つ。
僕は昨日、北新地で瓶あさりをしてきた。
自分が見つけてきたものが、舞台で使われると嬉しい。
高そうなお店の裏とか、酒屋のおっちゃんに頼んだりして、何本か頂いてきた。お酒のことはよくわからないので、とにかく知ってる名前で、高そうなやつにしようと、ヘネシーを2本と、ワインレッド色したやつと、山崎と、それからをもらってきた。稽古場に着き、小坂さんに見せると、ヘネシーはウイスキーじゃなかった。ワインレッド色もちがった。それからは、自分で判断して家に置いてきた。残るは、山崎。頼むぜ、山崎。亀岡さんも、横文字のかっこいいのを持ってきてくれていて、いざ演出席へ。
恐くて遠目から見守ることにした。山崎対横文字、深津さんはあっさり横文字を指差す。負けた。悔しくて、その瞬間を見ていなかったのごとく、そ知らぬ顔でアップをしていると、亀岡さんから山崎が手渡された。「家にかざっておいたら」んん、勝者のことば。かんぱいです。
さあ、通しです。
ここからは、スリーブックスの二人に任せるとして。
以上、通し前の心境レポートでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。