fc2ブログ
1月17日。今日は通し稽古だ。僕は、月灯の、あの人のあの台詞に恋愛のほろ苦さと儚さを感じ、コイナカのあの人のあの所作にすごく重たい追憶を思い、夜毎のあの人のあの表情にすごく切ない愛を感じた。三つの作品それぞれが、重く暗いニヒリズムの中に、とても小さな、しかしとても美しい愛と優しさが込められていると思う。文章にすると、なんだか軽薄になってしまいそうなので、この微妙でデリケートな感情は、是非、劇場に足を運んで、直に触れてみて下さい。お待ちしております。

松本雄貴
スポンサーサイト



2007.01.19 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://toenkai.blog6.fc2.com/tb.php/121-41a27a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)