スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/24 通し稽古

エスペースでの最後の通し稽古だった。なんだか、少し淋しい。センチメンタルな気分だ。演劇って、とても淋しくて切ないモノなんだと思う。いろいろな人と出会い、いろいろなことを学び、でも、終わってしまえば、そう、終わってしまえば終わりなんだ。なんて淋しいのだろう。でも、だからこそ、美しいモノなんだと思う。刹那的な美しさ。稽古中、みんな、一生懸命、燃えて、燃えて、で、本番で、燃えつくすのだ。燃えつくした灰は思い出としてしか残らないけれど、でも、その灰は砂金のように美しい灰なのだ。一期一会。一期一会。もう一回、一期一会。何を言ってるかわかりませんね。なんとなく、こんなこと言ってみたくなりました。僕は今、シラフです。決して酔っぱらってません。そんな稽古でした。

松本雄貴
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。