スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江口嬢、合流

4月17日(火) 花冷え 長谷川

さてさて、本日は「紙風船」と「可児君の面会日」の稽古である。

日誌を書く三人だが、一応の担当は決まっている。

しかし、稽古が2作品や通し稽古のときは担当がずれる場合もある。

事情である。


話を稽古に戻してみよう。

紙風船は言わずと知れた、岸田國士の代表作である。

ゆえに奥深い。

若夫婦のみの二人芝居に、紀伊川氏と江口嬢が挑む。

これもまた、「驟雨」と同じく結婚後に関しての男と女の話だが、こちらの作品はよりシリアスを感じる。

この夫婦は先々、下手をすると「うちやまつり」の佐藤夫妻のようにならないかと心配だ。

心配したところで戯曲には先々の事など書かれていないのだが。

初読み合わせである為か、探り探りである印象は受ける。

だがしかし、紀伊川氏はエロい。

エロいのだ。


「可児君の面会日」はコメディである。

不覚にも笑いを誘われてしまう。

何度か読み合わせているが、ついクスリとツボを刺激されるのだ。

演出より、一つ指令がおりた。

なるほど、そうするとクスリではなくプッと我慢ができなくなる。

稽古場も明るく朗らかな、花見気分である。いやいや、酒は呑んでいない。


今回は4本の作品がある為、何人かは複数の作品に出演するのである。

そうしてまた、紀伊川氏である。

台詞に集中するあまり、息を吸うのを忘れていたようだ。

凄まじい役者魂を感じざるを得ない。

いやはや、そうして、やはりこの作品でもエロいのである。

エロいのだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。