スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐったりなのだ

4月19日(木)晴れ 長谷川

今日は「驟雨」のみの稽古である。

また演出が急遽お休みとなった為、自主練とあいなった。

台詞を覚えるには丁度良い時間でもある。

2回通して読み合わせてみる。

1回目を読み終わったときすでに、メインの三人はぐったりしている。

とにかく登場人物がよく喋る。

一度口を開くと、延々と喋り続ける。

普段、一人がこれほど喋り続ける事があるだろうか?いや、なかろう。

2回目通し終わると、最早抜け殻である。


しかし結婚というものは不可解なものだ。

三人のなかで僕は結婚経験がない。

加納嬢など新婚真っ只中だ。

仏蘭西産の赤いプジョー306でやってくる彼女は、マダム・リョウコなのだ。

離婚の話云々の稽古後、新婚の家庭に帰るマダム・リョウコ。

少々、不条理を感じるのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。