スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台詞の行方

4月27日(金)曇り 長谷川

さて、引き続き「驟雨」と「紙風船」の稽古である。

少し稽古場に着くのが遅れたのだが、紙風船は紀伊川氏と江口嬢の役が入れ替わりで読み合わせられていた。

紀伊川氏が女言葉を使う。

あまり違和感はない。

何故であろうか?

意外にその道でもいけるのかもしれない。


そして驟雨のニュアンス飛ばしである。

正直、登場人物一人が喋っている時間が長い。

たまに喋りながら魂が抜けていく感じがする。

何処へ行くのだ。

その後は再び紙風船、驟雨と進む。

久しぶりにニュアンス有り、好きにやって良いと言われる。

これも久方ぶりである。

やはり、自由を得ると気持ち良いのものだ。

酔いしれた結果、稽古後、江口嬢より相手に台詞がかけられていないとダメをもらう。

うむ、まさに、だ。

芝居は一人でやる訳ではない事を、再認する。

驟雨は黄金週間に入る。

台詞が心配なのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。