「留守」

寺本です。更新が遅れておりまして申し訳ございません。

舞台美術がまだ上がっていないのですが、とりあえず登場+退場の場所など必要最低限のことだけを決め、立って稽古を行いました。

立つと、台詞がポコポコと抜け、相手の台詞をしっかり聞く余裕がなくなってしまうのは・・・私だけですね(汗)。なかなか会話にならず、難しいです。

橋本さんは、あの独特の個性+演技・・・と申しますか、纏うオーラと申しますか、それが素敵かつ面白く、こちらまで笑いを堪えるのに必死だったりと、常に気の抜けない状況の中、我々は稽古しております。

笑いを必死で堪える森川さんの、あの苦い顔に、思わず初々しさを感じてしまう寺本でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる