スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14吼え〜(稽古14日目)

今日は兄弟獅子ともに稽古に参加できなかったので、
わたくしめがお届けします。
質問がないと何書いていいのかわから〜ん!

さて、101ページですよ。
どんどんあがってきてますよ!
わ〜台詞覚えないと〜。
今日はとにかくざーっと上がってる分を読み合わせしてみました。
40分でした。え?40分しかないの?と作家先生。
どこまで書かなあかんねん!
そりゃそうだ。1時間20分だとしても
後100ページ書くことになっちゃうじゃん。

いやいや、そんなことは。
読み合わせはかなり早いからね。
動きや転換も入るし、半分以上来てますよ。

いい感じで続いてます。面白いです。いやほんと。
どんな美術かな〜。
いつになくどんどん場面が変わっていくんですけど
まさか書き割り(板に描いた背景のことです)じゃないよねぇ
なんてみんなで話してます。
スナックのシーンで後ろにボトルの並んだ絵が出てきたり
道頓堀のネオンサインがあったり?
いや、ないない。
どっちかというと、カウンターもなしでやれって言われそう、なんて。
とりあえず斜めじゃないといいなあ。

あさっての稽古はわたし出られないから、
兄弟獅子はしっかり頼みますよ!
あ、ご覧の皆様も何か質問あればコメントにつけて下さいね。
スポンサーサイト

コメント

ものすごい勢いで台本があがっていってますよね~。しかも面白いし。
私、一馬の役がおかしくておかしくて。本読みの時、黙っていますが、心の中では、のどをかきむしる程に笑っているのですよ~。

そうそう、うちのタエコちゃんは、すでに台本離してますね。先輩としては心強くてうれしいものですが、役者としては「オドレに負けてたまるか」という気持ちになります。
ヒロシの失敗には般若顔で怒ってますし。
稽古場では私の心は落ち着きません。ふうう。

きみは

深津さんが小坂の代役をやっているときに
一人爆笑(こらえてたけどね)してたよね。
向かいで見てたよ。ふふふ。

仕事で来れない人の代役を深津さんがやるのが
また密かな楽しみだったりするね。
「カノン、カノン」の読み合わせをしたとき
小坂=敏弘、深津=義明のやりとりにゾクゾクしました。
昨日のデス電所は見れませんでしたが、どうだったのかな?
役者深津。だれか教えて。

昔は桃園会にも出演していた深津氏ですが、わたしは絡んだことがないです。
一度やってみたいですが、照れるかなあ。
演出はせひろいちさんなんかで、やりません?>深津さん

はい、やりません。昨日は半笑いでも笑いとるので精一杯です。元々そういう手の役者ではなかったので、ご祝儀笑いで助かりましたよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。