07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

21吼(稽古21日目) 

稽古20日越えましたねえ。
今日はどんどん立ちがついていきました。
立ちってのはまんまここからこう出てここでしゃべってこっちから去る、という位置決めな訳です。
今回カウンターがありましてね、それをくぐってセンターへ出る、と。
そしてお約束のように頭を打つ、と。
やばい。
本番でやったら爆笑ですよ。もちろん稽古場でも爆笑されましたよ。
そう、わたし。
しかもその後ちょっといいシーンなのに。
自分で笑っちゃいましたよ。

くぐるってのはなかなか大変で、今回くぐりまくってます。
そこでわたしは決意しましたよ。
スクワットしかない!
黒柳徹子、森光子を目指してスクワットするよ!獅子の誓い。
だって、すでに腰が痛いのよぅ。
やわなんだから。


さて、質問コーナーね。
まずは着ぐるみについて。
こないだ出ました「目覚めたくない朝もある」。
これにはなんとミッ○ーマウスをはじめネズミーランドのキャラクターが3体出ましたね。
もちろん手作り。
これはでもわたしじゃなくて、その当時うちをお手伝いしてくれてたさえちゃん(だったよね?もう10年以上会ってないから忘れちゃったよごめん!深津さん覚えてたら教えて!)が大変器用な子で、その子がほとんど作ってくれました。頭作るのだけみんなでやったかな?
これはかなりリアルに出来てまして、たしか第三劇場さんにもらっていただいた記憶が。
それ以降はずっとなくて、わたしが作った第1号は「黒子な私」。
森川君が着てくれたステゴン。恐竜です。
かわいいティラノサウルスみたいなやつ。
この時は初めてだったので手のひらサイズで模型を作ってやりましたね。
頭が取れる、そして口を開けると顔が見えるという条件。
普通着ぐるみは布で外側を縫って中に肉布団を着るらしいのですが
わたしの作るものはとにかく全部ウレタンの薄いもの(シートクッションみたいな)を立体化させて糸で縫いとめていく作業で作ります。
上から布をこれまた糸で縫いとめる。
おかげでかどうかわかりませんが、ボンドなど使わないので長期保存可能。
深津が「うちやまつり」で岸田戯曲賞をとった時のパーティにも参加して、深津世界の奥深さを表現しましたね。だって、みんな、こんな着ぐるみの出る芝居書くと思わないじゃん。

そして次の着ぐるみ「中野金属荘、PK戦」の金魚コメットはこのステゴンをばらして作りましたよ。
これは加納亮子嬢着用。
これも頭が外れて口を開けたら顔が見える、が条件。
まるこい形と長い尾びれで金魚らしく。
でも足をどう出すかを悩みましたね。結局ももひきにひれのようなビラビラをつけて処理。
着替えの途中は見ないでね、って感じでした。
この子は加納嬢が関西現代演劇俳優賞の受賞式に着て登場。
喫茶店で着替えさせてもらったそうな。

そして、イセエビという名のザリガニ。
これはなんといっても、手抜きという台詞に合わせて手(ハサミね)が取れないといけない。
そして、半分だけエビというト書きに合わせて半分脱げないといけない。
ので、頭、胴、尻尾つきのズボンという構成にしました。
形としては直線っぽい殻の積み重ねなんで割りと楽だったけど、パーツが細かくて縫い合わせるところが多くて大変でした。
このときからわたしの人差し指の第一関節は形が変わったまま戻りません。
この子はダンサーの竹ち代さんに材料費で買い取っていただきましたので、これからもどこかで目にすることがあるかも?

あ~長くなっちゃったので、もひとつの質問は後ほど。
スポンサーサイト

[edit]

« お答え。  |  20吼(稽古20日目) »

コメント

忘れてた。

も一個あったよ!
「海亀が微笑うよ」の魚の召使い。
わたし、長谷川、芝本の3人がダブルキャストで着用。
これは芝本君が顔を作ってくれて
フロックコートとフリフリのシャツ、かぼちゃズボン、帽子、靴をわたしが作りました。
アリスの挿絵のフィギュアを片手にそっくりに。
しかも2体。
どちらかと言うと衣装って感じだったんで忘れてました。
顔がよく出来ていたので、すごく評判がよかったですね。
ロココ調の髪の毛があるんですが、これがなかなか大変で、WA(仮設劇場ね)に入ってからもみんなでクルクルパーマを作ってました。
生田さんにまで手伝ってもらってましたねえ。
その節はお世話になりました。
「こういうの意外と得意やねん」と器用にやっていただいてたのを覚えてます。

今回はギリギリ着ぐるみは出ずにすみました。
構想上から出るのが決まっている場合もありますがどちらかというと台本が上がってくる途中で、
「出そうやわ」とか「出てきてもーたわ」などと
作家先生の口から聞かされることが多いです。
その度にひえ~っとなっているわたし。
でも、まあ、達成感があるので、衣装でも着ぐるみでも
見た目に大変なものはやりがいがありますね。
みんな感心してくれるもん。

はた吉こと獅子はたもと #- | URL
2007/11/15 12:00 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toenkai.blog6.fc2.com/tb.php/171-f0cc366c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。