37吼え(稽古37日目)

今日は抜き稽古。
抜き稽古とはシーンごとに稽古するってことです。
衣装もそろそろまじでやばくなってきたので
エンジンかかってきました。
1,500円でコート見っけ!
う〜ん悩みつつも購入。却下。
セツナイ、です。
誰か買取ってくれないかな〜。予算がオーバーするよ〜。
もしかすると、この冬わたしが着てるかも。

抜き稽古は後半戦を主に。
とにかくラスト近くの紀伊川さんが大変なんですよ。
そのうちプシューと気が抜けていなくなってしまうんじゃないかと不安です。
出ていると正面から見られないのでとっても残念なんですが、とてもかっこいい感じなんで、ぜひ皆さんに見て頂きたいです。

あ、質問たまっちゃってますね。
公開稽古ね。ないですね。
でも桃園会はけっこう稽古場は常時公開してます。
よく深津の生徒さんや本番どうしても見られないお友達なんかが覗きに来られます。
みんな緊張しますね。でも、それはそれで、練習になるんで、演出はオッケーみたいです。
以前「劇の宇宙」(大阪市刊行の関西演劇誌)で稽古場風景のレポートがあって、その時は劇評家の九鬼葉子さんが度々おいでになってて、それはそれは緊張が続いて大変だったことがありました。
でも、しっかり見て頂いてると、やる方も漫然とやるわけにいかないから何か持って稽古場に行こうという意識がついてよかったように思います。

これをご覧の皆様方へ。
公開稽古っておおげさなものは劇団で行なうことはないかもしれませんが、見たい方はどんどん見に来ていただいてかまいませんよ、たぶん。
桃園会の役者がけっこう(いや、かなり)どんくさいのがよくわかっていただけるかも?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる