スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/8 第四の稽古場所

「真実はいつもひとつ!!」
by 江戸川コ○ン

大人気アニメ「名探偵コ○ン」の江戸川コ○ン君の名言。
私の高校時代の友人は、この作品が大好きでした。
私も何故か、一冊だけ漫画持ってます。
買った記憶はないのですが…どうして持ってるんだろう。
(・_・)ハテ?


どうも、寺本です。

本日は、第四の稽古場所での稽古となります。

稽古場を渡り歩いて四箇所目。はい。
ストーブの上に置いてあるヤカンが、何だか和みます。
( ̄  ̄ )ノ カンソウシナイシネー


いつものように舞台のサイズを測り、稽古開始です。
動きに何かしらの制約(?)がある役や、自由度が高い(?)な役など、それぞれに試行錯誤しています。

そう、試すべき時を逃してはならないのです。
舞台は時々、戦場になります。そういった意味では。
長谷川さんのおっしゃる通りでおます。
(゜ロ゜)オラ(゜ロ゜)オラ(゜ロ゜)オラ(゜ロ゜)オラー!!

この時期になりますと、通し稽古(最初から最後まで基本は止めずに行う稽古)がメインとなるので、

「ここはうまく流れたけど、あそこがなあ…。」

といったことはよくあります。

舞台は生ものだと、長谷川さんもおっしゃっていましたよね。

「流れる」というのは、シーンの空気であったり、個々の感情であったりと、様々な要素が違和感なくひとつになって、水のように流れることです。
流れる…と言いましても、そのシーンに必要な流れがありますので、必ずしも上記の通りではないこともあります。

まだまだ、これからなのです。
(・ω・)ノ ソウナノヨン


写真は、オーディションメンバーのよこえさんです。
何やら、激しい動きをしている様子…。

20081208191733a.jpg

ブンブンと振り回してますねえ。
さすがよこえさん、激しいのがお好き♪(←特に意味はございません)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。