スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/10 苦悩の時期

「認めたくないものだな、若さ故の過ちというものを」
by シ○ア・アズナブル

名言中の名言?
ええ、そうですよね、本当に。
若さ故の過ち…。


どうも、寺本です。
すみません、日誌のアップが遅れております。
記事自体は既に記入済みなのですが、画像の編集時間が取れず、中々更新が…。
( ´△`;)ウゥ…
申し訳ございません。


いやあ、この時期になりますとねえ…ホントに書くことに悩むんですよ。(苦笑)
(´Д`;)エエ、ホントニ…

基本は通し稽古ですし、何せ私は今回、ラスト以外はずっと舞台上にいますので、あまり芝居を前から見れず、稽古を終えての感想しか書けないのですよ。
(TдT)スンマセン…

私は、日に日に足のアザが増えております。
どういった動きをしているか、何となく想像つきますか??
私の相方さんにそれを話しますと、

「実は私もなんですよ」


との返答が。やっぱりね…。

そのアザのせいで、昨日までできた動きが今日はできなかったり。
思ったよりも酷使していたんですねえ。
衣装の都合上、サポーター等は着用できないので、慣れるまでの辛抱です。

今回のお芝居は消えるものがちょくちょく登場するので、それに慣れるのにも各自、苦労しています。
森川さんや橋本さんは

「く、苦しい…」

と呟いていました。
や、やっぱり…。

今回は限られた時間の中でそれらを消さねばならないため、結構大変です。
私もその一人だったりします。
(;^_^A ソウナノデスヨ

消えるものと言えば、33回公演の時、私は帯を強く締めすぎて、消さねばならないものが危うく戻ってきそうな体験をしました。
あの時は大変でした…ホントに。
退場して、そのあとすぐさま帯を緩め、楽屋でぐったりしてました。

そんなことをあったなあ。
懐かしいけど、情けない思い出です。

今回はそんなことにはならない筈です。
皆様、安心してご覧下さいませ。

2008112119585aaaa4.jpg

あ、洗脳されてる…。
あらあら。(何それ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。