スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/20 2ステージの恐怖

「ロボットは好意で微笑むのではなく、プログラムで笑う。最近は人間もそう。」
by 攻殻機○隊 THE GHOST IN THE SHELL

色々と考えさせられる作品の一つです。
数々の鋭い台詞が、視聴者の胸を貫きます。
まるでロンギ○スの槍です。


どうも寺本です。

本日は2ステージ。
二日の本番を終え、各自、己を調整します。

2ステージの日は、一度本番を終えても、また夜もあるので、気が休まりません。
でも、別に大丈夫な人もいます。
そこは個人差です。(笑)
(´-`)アハン

個人的には、私と相方の○○さんは、メイク直しが大変です。
本番を終えてメイクが崩れると、そこから元のメイクに戻すのは、ほぼ不可能な状態…。

マチネ後、すぐにメイクを落として肌を休ませ、次の本番のために一からメイクをします。

早くメイクをして、時間に余裕ができるように、と思った私なのですが…

メイクがムラムラやん!!
( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||ガガガーン!!


と思わず叫んでしまいました。

駄目です、全然駄目なんです。
獅子様(はたもとさん)によりますと、それはキチンとメイクを落とせていなかったのが原因だそうです。
うう…何ということでしょう。
時間もないので、諦めました。(おい)

ソワレ前、照明の西岡さんに
「照明でムラムラが飛んで、お客様から見えないことを祈ります…」
と呟いてから楽屋に入りました。(何じゃそら)

じつは、私と相方さんのメイクは、初日と今では少し違うんです。
初日は特別ですからね。ええ。(メイクまで特別でなのかよ)

でも、今の顔の方が断然良いです。
前はオバケですから、私。(苦笑)

20081120230105b.jpg

ん?誰かが吼えていますねえ。
舞台は密林ですからね、はい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。