5月16日

広い舞台は大変です。
実寸で稽古できませんからね。
今回仮設劇場での稽古は23日の1回のみ。
あとは「この壁の向こう1メートル先にに扉があるからね。」
といった感じで、とにかくイメージしながらの稽古です。

舞台の大きさが取れればいいのかというと
ことはそう簡単ではなく、空間がとても大事。
狭い部屋、低い天井で稽古するとどうしても体が
そこにあった芝居をしてしまうんですね。
それをひろーい、たかーい空間に合わせるのは意外と大変。
だからできれば稽古はできるだけ劇場と同じサイズで
やりたいものなのです。
なんて事言っても無理なので、イメージイメージ。
でもきっとホールに行ったらうひゃあ、広い!ってなるんだろうなあ。

さて、稽古は細かいダメだしが増えてきました。
通しもすんでこれからは中身を充実させていく作業です。
いよいよ本番近づいてきたなあって感じです。
がんばらにゃあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる