スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月19日・カラカラ自主練

お疲れ様です、長谷川です。
本日「月灯」と「カラカラ」は別の場所で稽古です。
おや、月灯チーム・出之口さんに先に更新をされてしまったようですねえ。

カラカラチームはもう、とにかく、戯曲読解・戯曲読解・戯曲読解…
と、いうのも演出のキタモトさんより、自分の台詞のないとき、他人が台詞を言っているとき、沈黙が流れているとき、そのときの自分の気持ちや思いをしっかり考えておいてほしいと宿題が出されているからなのです。

とにかく皆で何故、こういう台詞が出るのか、この音は何なのか、今置かれている状況はどんな状況なのか、これは何の比喩表現なのか、もう今までにないくらいの意見交換会が繰り広げられています。

「あ~なるほどねえ」と思い、
「ん~そうなかなあ」と唸り、
「え~よくわからん」と愚痴り…

とにもかくにも、共通認識は深められたような気がします。
まだ漠然とした部分は残りますが、明日からです、明日からキタモトさんも稽古に参加されます。
楽しみなようで、不安のようで…

このカラカラという台本、読み込めば読み込む程、良いなあと思います。
震災のあった14年前に書かれた本で、僕は高校生で桃園会なぞまったく知らないとき。
それを今、自分がやることになるのだなあ…うむむ。

さてさて、どうなることやら。

今日の情報リーク
稽古後、皆で駅近くの小さな呑み屋さんへ。
はしもと君は1時間程して、客演に出ていた劇団の精算会へ消えていきました。

はしもと君が消えて、呑み屋のお姉さんが一言。
「あの子、何か変わった感じがするわ」
僕と亀岡さんが同時に
「彼女出来たからやないですかね」
お姉さん
「ははは~」

女は男を変えるのか!?うむむ…。(ー'`ー;)ムムッ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。