スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビックリダラ

びっくり二つ。



そうかあ!

今日、目が覚めると、どういうことなんやろうとずっと考えていたことがわかったんです。正確にはそういうことじゃないかな、です。台本のことです。こんなことは初めてで、びっくりしました。



もうひとつ。


今日、バイト中、トイレでちょっと休憩してたんです。あまりに忙しくて…、内緒です。それで、煙草をすっていたら、トイレの下から、便器じゃないですよ、床から、ぶわぁーって風が吹いたんです。マイケルジャクソンのライヴみたいに、煙草の灰が舞い上がり、髪の毛も、あまりないですが…、ぶわぁーって、もうこれは何かが乗り移ったと思うしかないぐらい、ぶわぁーって、だから、そう思うことにしました。柄本明さんのね、本を読んでたんで、柄本明さんが…、もしかしたら三好十郎さんが…、ちょうど読んでいたところが、柄本さんが三好十郎さんの戯曲を紹介しているところで、そう思うことにしました。

せっかくなので、その時読んでいた文章を書かせてもらいます。

そうだ。イエスかノウかを決定することは、いつでもできる。第一の道を歩もうと第二の道を歩もうと、たやすく出来る。われわれは既に力の前では奴れいだ。その力がいずれの側の力であろうと、大した変わりはない。決定はやさしい。大事なことは、そして困難なのは、決定を最後の時まで、圧力が極限に近くなる時まで、窒息の間ぎわの、そのトコトンの所まで引きのばし、持ちこたえることだ。引きのばし持ちこたえ乍ら、その中で衰弱せず、最後の時に、追いつめて来たものを振り返り、面と向かってそれを審判し、ノウと言うことだ。それだけの力を持って行くことだ。それが出来るか?出来る!いや、出来ないかな?いや、いや、出来る。出来ようと出来まいと誰かが、誰でもが、しなければならぬ。


さて、稽古は進んでます。通し稽古が続いてます。

あと三回です!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。