台本

稽古初めに、台本の1ページ目に書いたこと。

むずかしいことをやさしく、
やさしいことをふかく、
ふかいことをおもしろく、
おもしろいことをまじめに、
まじめなことをゆかいに、
そしてゆかいなことは、
あくまでもゆかいに…、

井上ひさしさんの言葉です。
おかりしました。


稽古再開です。

自分の声がぐわんぐわんしていて、どうしたんだろって思っていたら、アイホールの声を体が覚えていて、それを自然と稽古場の声に調整していっているのに気付き、人間てすごいなぁなんて思いながら。

大阪公演を観に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。

とどまらず、
とどまらず、
たえず変わっていく、
くりかえすんじゃなく、
たえず変わっていく、

と台本に書きたしました。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる