スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知床旅情


を、原さんと歌ったことがあります。
うちわ片手に、小野亮子です。
好きな技は片山ジャーマンです。
阪田さんのように美しい色でおしゃれに稽古場日誌を書きたいのですが。
ここで一句。
「ごめんなさい 後にも先にも ごめんなさい」
さて、稽古。
7月25日、正雀にて。
「カネダさん」関西弁で発すると指で表現できますな。
生粋の関西弁なんて、たぶん、普段は使えてないと思います。
セリフの前に壁があると。
壁。
うーむ、壁。
高いのか。
パンチして穴をあけて、そこから覗いて見る。
べりべり破く。
正直、稽古、緊張しています。
紆余曲折、臥薪嘗胆、一石二鳥だいぇい。
日々がんばります。
深津さんの着て来られるアロハが素敵で、家でアロハを着ていたら、ふとうしろに立ち、チンピラやなとつぶやく娘になんか負けないぞと思った夏です。
新人の仕事ももっと当たり前のようにこなせるように。
視野を広く。

はたもとさんへ。
わたしが初めて深津さんのお芝居を観たのが、京大西部講堂「のにさくはな」でした。
野外。
野外ってのはあれ以外もやられたことはあるのですか?
初めてお芝居を観たのがそれで、強烈なインパクトでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。