スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月11日、切る

庄内稽古。
その昔一度だけ娘っことあうん堂さんの稽古見学に行かせてもらった場所。
案の定、道を逆走しておりました。方角には自信がありませんと言うのに自信があります、はい、小野亮子です。連続投稿、申し訳ありません。
稽古場に着くと先輩方が先に筋トレを始めておられました。
筋トレ好きです。
無駄にいいからだしています。
あっ、無駄に筋肉質です。
仕事柄、石(砥石10キロ以上の箱)鋼(研ぎに出す前の包丁)をわっしょいわっしょいと運んでいるので、ですかね。
今日はみんなで糸を出しました。
深津さんが、パンと手を叩いてその糸を切りました。
悲しくて、考えました。
その先にあるであろう、景色がパチンとはじけました。
あたまの中なのか思い出なのか未来なのか、風景がありました。静かではなくてザワザワしていました。
「よぶには、とおい」の立ち稽古。
たぐり寄せて、張りつめて、引きよせて、切って、抱きしめて、抱きしめて、切って、抱きしめて。
すっかり汗だく。
私の毎日通ったあの場所は、オレンジ色をしていました。


寒くて痛い帰り道、お耳のお供
ハンバートハンバート「喪に服すとき」
スポンサーサイト

コメント

ケンコバのトーンで読んで下さい。(笑)

いいからだ…そういう目線で見させていただきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。