9月13日 稽古18日目

今回の舞台はあるものの上で行います。これは、誰しもが一度は手にしてるであろうもので、私は小学校の時に一度のったことがあります。さて、それは当日のお楽しみにしていただくとして、そのあるものの上で行うということをすごく考えます。考えすぎるとまた失敗するので、汗かいて、声出して、しっかりと自分の役割を果たしたいと思います。

そんなことを考えていたら、今日は稽古場に毎日新聞の畑さんが取材に来てくださりました。

あ、写真撮ってる。あ、にこやかだ。ん、むずかしい顔してる。あ、笑ってる。ああ、出番だ!出番を待ちながら、何を考えてるんだ私は。

先日、演出助手の中村さんから唐さんが昔おこなったコンサートの模様をおさめたCDをお借りしました。司会は不破万作さんと大久保鷹さん。その中で唐さんが一人語る場面があって、その言葉を台本に全文書き写しました。

この部分が好きです。

夏の湘南海岸に行く電車賃がなくて親子そろって洗面器に水をため顔を浸してみた水の中の陽射しとか…。

おやすみなさい。明日もがんばります!

橋本健司
スポンサーサイト

コメント

フェミ男(懐)

ハシケンさんの文章はどこか女性的な気がする…。

>フェミ男(懐)様

共通する部分じゃないかなあと思うのですが、橋本さんの字は丸文字で、これも女性の字みたいになんだか可愛いのです。
平仮名が多くて、なんだか和みます(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる