12/22 稽古20日め

いよいよ いよいよ 立ち稽古 本格化です!!

シンプルな舞台だけに、ルールを決めていきます。

ルールってか 法則ですね。

その法則によって導き出される結果

「そこ」が「ここ」になったり、「あそこ」になったり・・・。

舞台に立つ以上、自分がどこにいるのか把握しなきゃいけません!

自分がいる場所の状況・風景を身体一つで伝えなきゃいけません!

自分が迷子になっちゃったら大変です!!

お芝居が見えてきません!!

「役作り」って その役の「感情」だけじゃダメなんです!!

もちろん、その役そのものに「なる」のは必要不可欠!

そのうえで、見えないものを可視化できる存在に「なる」!!

たとえば、目に見えないもの=それは舞台の風景。
登場人物の目に映る風景、思い出の中の風景、心の風景etc

おっと!!!

桃園会のお芝居って 改めてコトバにすると、
ハードル高っけー!って感じですね。

ま、桃園会のお芝居に限らず
舞台ってお客さまの想像力で成り立ってるんですね♪

この人はこんな人生だったんだろう とか
今「ここ」では大変な事が起こってるんだろう とか
きっと「ウソ」をついてるんだろう とか とか とか

ストーリーを見せるだけじゃなくて
お客さまも巻き込んで体感してもらう。

そして、大切な人に会いたくなってもらえたら嬉しいな♪

本日は、ちょこっとおセンチな森川でした!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる