スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月9日金曜日。担当、亀岡

通し稽古の直前、「今日は、白菜の味噌炒めですよ」と、同劇団員のkさんに、そっと耳打ちすると、やにわに、kさんの両眼は、薄暗い稽古場の蛍光灯の下で、らんらんと、妖しい光を放ち始め、それは、まるで、精密機械の正確さと、大極拳の達人かと、見まごうばかりの宇宙の呼吸で、台詞を刻み、稽古場の空間を支配していったのでした。そうして、その晩、お馴染みの食事会は、青トウと大蒜の味噌漬けと、鰹のたたき、いかとめかぶに薄口醤油をたらしたやつ、そして、鳥取の海であがった朝取りいわしの丸干しをオーブントースターであぶったやつ。お酒は、岩手の「酔仙」でした。kさんは、最近、チューハイに凝っているらしく、甘い物ばかり飲んでいました。アルコールもまわって、最後に、白菜の下ごしらえを、終えたところで、なぜだか、「唇に聴いてみる」のビデオを観始めてしまい、途中で、「眠くなった」とkさんは、結局、メインディシュを食べずに、千鳥足で、帰ってしまいました。今日の稽古は、こんなところでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。