ノラや

ひたすらノラの帰りを待つ。内田さんと一緒に。ちょうど今、6月7日を過ぎた所で、本をたたみ稽古に向かった。

隈本さんはいつも早い。稽古場に早く来る人が好きで、自分もそうしたくて早く行く。窓をあけ、風を通して二人で読みあわせをしたり、昨日森本くんが買ってきた鼻めがねのおもちゃについて話したり。

さて、稽古は後半のシーンから。

このシーン、好きなんだけど、嫌いなんだけど、好きなんだよって感じです。いや、思えばこのお芝居、そんなことばかりかもしれない…。

それからは、始めから通しての稽古。

一度めは、隈本さんとのやり取りの中で、やりながらこう出たら次こう来てこうだなみたいなのが一瞬であたまを過り、その通りの流れになったことに気をよくし、

二度めはちょっと仕掛けてみよみたいな欲が出て失敗し、力も入っちゃう始末…。

楽しい稽古です。

せりふがぼんやりするとダメ出しをもらう。

そういうときは大概ひたってる気がする。

気を付けよう。

今日は妹のことを思ってしまった。

演劇っておもしろいな。

帰り。ノラのことが気になって仕方ないので、喫茶店によって、ノラの帰りを待つことにする。

本って、おもしろいな。

また明日です。

橋本健司

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる