あけましておめでとうございます!

おだやかなお正月を過ごし、一回り大きくなった、はたもとです。
小学生時代のあだ名は「どすこい」です。
いじめじゃない、いじめじゃない。

さて、新年の「うちやまつり」初稽古。
いきなりの通し稽古ですよ!

今回は2本立てで、「paradise lost,lost」の集中稽古が1月末から入るので
それまでにいったん仕上げたいということで、
「うちやまつり」の本番は1月24日!です!!
なので、後20日ほどで本番!ということなんですね。

いや~、みんな本気入ってます。
いろんなことを試したり、相手の出方で変わってきたり、
見ていてすごく面白くなってきました。
演技に力強さが出てきたように思います。
気合の入った通し稽古でした。

さて、本番が近いとなれば、もちろん衣装さんの出番ですよ。
「うちやまつり」は完全に外ですし、寒い季節なので
コートやジャンパーなど防寒着でほとんどの印象が決まります。
初演では鈴木さんの息子さんにキャメルのダッフルコートを着せたりしました。
お母さんと二人暮らし、若干ひきこもり気味ということで
ママの好みが入っているのでは?という設定で少しかわいい感じに。

再演では全員黒から薄いグレーのモノトーンで全てをまとめて
実は全員死んでるかも?なんていう影設定を表現したこともあります。

一番重要なのは美術との兼ね合いなんですよね。
バックにとけこむのか際立たせるのか?
深津さんはよく床面との兼ね合いを気にしていて、
「生えてるみたいに」と床とボトムを同系色にしたりすることがありました。
だから、美術プランが遅れたり、急に床の色が変わったりすると
そこから大慌てで調整かけたりすることもありましたね。

さてさて、空ノ驛舎さんバージョンはどんな衣装になるでしょうか?
わたしもワクワクです。
楽しみにしていて下さいね!

はたもとでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる