スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古場、日誌。(石塚)

空の驛舎の石塚です。稽古場日誌を書きたいと思います。
「うちやまつり」の稽古は、もう20回くらいはしてると思います。
この本は、非常に悪意に満ち溢れています。
嫉妬、妬み、性欲、がグデングデンに組んず解れつです。
ですから、これを体現したり、稽古を観ておりますと、私の身体に邪気が溜まります。
普段の生活で、年一あるかないかの、邪気が、稽古場所を、覆います。
ですから、パワーは、凄いと思います。負のパワーですけど。
結局、芝居を観るとき、何に影響されるのかと思うと、やっぱりその場の空気なので、空気が濃密なのは、素晴らしい事です。負の空気ですけど……
こんな物は、そうそう観れるものではありません。

しかし、深津さんは、とんでもない本を書きはった凄い方だと、思います。

深津さんは、天才です。
しかし、この本を書くとき、シンドかったんやろうなぁと、思います。
私の中の、切れば血の出る本、歴代第一位はに、「うちやまつり」に、なりました。
賢○さん、御免なさい。

しかし、怖ろしい本である。
この恐怖を、味わいに、劇場に来て下さいね(^O^)/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。