稽古場日誌0123

こんにちは。遊劇体の大熊ねこと申します。本日「うちやまつり」の稽古場日誌を担当させていただきます。よろしくお願いいたします。

いよいよ正念場となってまいりましたお稽古場。
完成形へと歩を進めながらも、日々の息遣い、繊細な空間との戦いです。
毎回いろんなことが見つかります。そのそれぞれのギフトをみんなのものにしながら、千秋楽まで向かっていけたらなあと思っております。

稽古場はみっちり、そのあとの飲み会もみっちりほっこり。コレ大事なことでございます。居酒屋までが稽古です。


コレは、今日飲み屋さんで並んだお三方が、みんな左に受け流す髪型だったので記録撮影したものです。息ピッタリですね。
それではもう1枚。



数日前の飲み屋さんでの写真です。前の写真の一番左の石塚さんが使用前だとしたら、この写真の右側の石塚さんは使用後です。左側の橋本健司氏がちょっと困惑した表情に見えますね。気のせいです。

ほとんど飲み屋日誌やないかいってつっこんでいただいてありがとうございます。
座組は宝です。幸せです。がんばります!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

桃園会

  • Author:桃園会
  • 桃園会第50回公演
    『深海魚』
    作/深津篤史
    演出/森本洋史

    会場/ウイングフィールド
    2018年3月25日(日)-27日(火)

    詳しくは桃園会ホームページで!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる